【開催報告】3.11メモリアル防災カフェ2019 ~いつか来るその日のために、大災害をイメージしよう~

日 時:2019年3月10日(日) 14:00~16:00
場 所:ちがさき市民活動サポートセンター
参加者:34名
講 師:内野 義生さん(防災スイッチオン!プロジェクト代表 / 茅ヶ崎市防災リーダー)
    寺嶋 真弓さん(防災士 / 防災ウェブライター)
    柿澤 良昭さん(茅ヶ崎市職員)

2018年は日本各地で豪雨や地震など、自然災害が立て続き、今年も2月21日に北海道で震度6弱を記録する大きな地震が起こりました。ますます自然の猛威を身近に感じることが多くなってきている昨今。自然災害は私たちの日常の中にあるものと捉えなおし、自分の身を守ること、被害を最小限に防ぐことを日頃から意識しておくことの重要性を確認しました。

DIG災害イメージゲーム「クロスロード」(カードを使い、問題に対しYESかNOかを決めるだけのシンプルなシミュレーションゲーム)では、災害現場をイメージした設問を各自で判断・決断をし、それをグループで共有することで、問題に対する対処方法がさらに具体的になり、あらためて日頃の備えや家族や近隣住民との関係の大切さを感じました。

ワークショップを楽しく進行(防災士 寺嶋さん)

また、陸前高田市の支援活動報告では、普段からまちづくりに興味を持ち、被災に遭遇したときをイメージし、市民自らが「このようにしたい、こうなってほしい」という思いを意識することが復興時のポイントになるということも認識することができました。

陸前高田の復興状況を話す(市職員 柿澤さん)

途中、地震発生時刻には、1分間の黙とう、そして鎮魂の曲に合わせたハウオリたまさんのフラを鑑賞しながら、2011年3月11日の東日本大震災により亡くなった方々、被災された方々に思いを寄せました。

「花は咲く」でフラダンス (ハウオリたま さん)

参加者からは講師の話しやグループワークを通して、災害時にどのような行動をとるべきか、日頃の備えに対する意識が広がったなどの声がありました。