人権の擁護又は平和の推進を図る活動 (学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動)

ヒロシマを語る会−神奈川

被爆者の手記を語り継ぐ

ヒロシマ、ナガサキ、第5福竜丸、そしてフクシマの原発事故。日本人は4回もの核の被害を受けてしまった。ヒロシマ・ナガサキは過去でなく「核」の恐ろしさは脈々と続いているのである。被爆者の手記を通し、事実を知ることにより、今を考えていきたい

団体から一言PR

依頼があればどこでも公演します

団体名称 ヒロシマを語る会−神奈川
団体活動実績 --
代表者 宇都 純子 (うつ じゅんこ)
連絡先 宇都 純子 (うつ じゅんこ)
住所 鎌倉市扇ガ谷 2-9-2
電話 080-6534-3173
FAX なし
E-Mail midorigo@hotmail.co.jp
発足年月 1995年 4月
正会員 4 名
賛助会員他 ボランティア他:2名
入会金 なし
会費 なし
有償スタッフ なし
当年度予算 10万円以上〜50万円未満
活動日時 年数回 
活動地域・場所 ハスキーズギャラリー 他
ホームページ --
Facebook --
Twitter --
Youtube --
その他のリンク --

※掲載情報は、年に一度、該当団体へのヒアリング調査を実施し、内容の更新を行っております。掲載情報が現在の状況とは異なる場合がございますので、最新情報は団体へ直接確認してください。

PAGE TOP