「移民・難民支援基金」助成団体を公募します(受付9/1~9/30)~移民・難民・外国にルーツをもつ人々の環境改善を支援する活動を応援します 公益財団法人パブリックソース財団

公益財団法人パブリックリソース財団では、一昨年度「移民・難民支援基金」を創設しました。
本基金は、日本国内の難民、移民、技能実習生、外国人労働者とその家族など、外国籍または外国にルーツをもつ人々の日本国内における様々な環境を改善することを目的としています。
助成額としては少額ですが、難民申請者の仮放免の保証金に充当できるなど、最前線で活動する現場のニーズに応える、機動性と柔軟性の高い助成金であることが特徴です。
また、技能実習生や外国にルーツを持つ子ども達への支援など幅広い活動に対応しています。コロナ対応経費も対象となっていますので、是非ともご活用ください。

▼応募期間
2021年9月1日(水) ~ 2021年9月30日(木) ※オンライン受付17:00まで

▼対象団体
日本国内で外国籍、および外国にルーツをもつ人々への支援を行っているNPO法人等の民間非営利組織
(※法人格のない任意団体も可)

▼対象事業
・多言語サービス事業、生活支援、メンタルヘルスサポート、電話相談
・日本語指導、学習指導
・災害時・緊急時対応、DV 救済、移住女性のエンパワメント
・差別や人権侵害を防ぐ活動
・法律支援、生活支援、定住支援
・留学生等在住外国人の就業・起業支援
・調査研究活動、政策提言・ネットワーキング
・新型コロナウイルスの影響に伴い必要となる活動費 など
(外国人家庭へのマスクの配布や情報提供、オンライン機器の整備、拡散予防対策等)
※いずれも単に国内外の文化の紹介や交流を主とする事業は対象としません。

▼助成金額
上限額 80万円/団体、総額320万円(4団体程度を予定)

募集要項・申請方法等の詳細については「移民・難民支援基金」Webサイト

▼申込み/問合せ
上記Webサイトより、申請フォームに入力してください。※郵送・メールでの応募は受け付けません

公益財団法人パブリックリソース財団
「移民・難民支援基金」事務局(担当:五十嵐)
E-mail:refugees.fund@public.or.jp
※弊財団ではコロナ感染予防のため職員全員が在宅勤務にて対応しております。お問い合わせは原則としてメールに限定させていただきます。