2021年度「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」公募のお知らせ(受付12/14~2/1)~公正で持続可能な社会をエンパワーする 一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト

ネオニコチノイド系農薬に関する企画
 「調査・研究」もしくは「広報・社会訴求」分野で助成

お米から果物など幅広い農産物に用いられ、シロアリ駆除剤や家庭用殺虫剤として身近な暮らしにも入り込んでいる、浸透性殺虫剤(ネオニコチノイドおよびフィプロニル)――。近年の急速な研究進展により、環境中での持続的な慢性曝露による無脊椎動物への時間累積的毒性や、食物連鎖を通じた漁業への脅威などが明らかになりつつあります。世界の科学者コミュニティからは、生態系と生物多様性全体を脅かすことへの警鐘が鳴らされるだけでなく、ヒトの母体から胎児への移行や発達神経毒性を懸念する声も挙がっています。

本助成は、予防原則を踏まえて、製薬メーカーの意向や現行の行政判断に左右されない独立の立場から浸透性殺虫剤の影響を検証する「調査・研究」活動と、浸透性殺虫剤の問題点や最新の研究成果を広く共有する「広報・社会訴求」活動とを支援します。2021年から始まる農薬登録の再評価を控え、新たなエビデンスによって専門家と市民双方の議論を活発化することで、EUなどが先行する規制強化に日本も踏み出す後押しになるような成果を期待しています。ふるってご応募ください。

▼募集期間
2020年12月14日(月) ~ 2021年2月1日(月)

▼対象活動
現行の農薬行政や製薬メーカーの意向から独立し、予防原則に基づいて一般市民・消費者・生産者の保護につながる調査や研究のプロジェクトなど
(企画例:農業や林業の現場、あるいは水道水やシロアリ駆除剤など日常生活に直結した ネオニコチノイド系殺虫剤の使用・残留実態を調べ、リスク削減の可能性を分析・検証・ 発表)
※ 目標達成に複数年を要する企画提案については、申請書にその旨希望を書き込めます が、案件の採択と支援は年度ごとに行います。

▼応募資格
ネオニコチノイド系農薬に関する問題提起や、使用の削減ないし中止に取り組む個人および団体
(ボランティアグループ、NPO/NGO、公益法人、研究機関、生産者など、地域、法人格、活動実績は不問)

▼対象期間
2021年4月1日から2022年3月31日の間で実施される活動

▼助成金額
上限額 100万円/1企画

募集要項・申請方法など詳細については、「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」Webサイトをご覧ください。

▼申込み/問合せ先
上記Webサイトより、申請書類をダウンロードして必要事項を入力後、添付書類と共にメールにて受付。添付書類が紙媒体となる場合は郵送にて受付けます。

一般社団法人 アクト・ビヨンド・トラスト 助成係  
〒150-0044 東京都渋谷区円山町 5-5 Navi 渋谷Ⅴ 3F
TEL:070-6551-9266 (助成担当:八木晴花)※年末年始12/26~1/11休業
Email:grant@actbeyondtrust.org