「第2回 日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」募集(受付9/13まで)~日本財団

近年、少子高齢化や多様性の尊重、コミュニティの希薄化といった社会背景の変化に伴い、社会福祉施設は多機能化や地域貢献への動きが活発となり、地域福祉を担う拠点としての役割が求められています。社会福祉施設が、地域社会に開かれた魅力ある場所として認知され、まちづくりの核となっていくためには、建築デザインが重要な要素となってきます。デザインは環境をつくり、環境はサービスやケアと密接に結びついているからです。
本プロジェクトは、地域社会に貢献し、地域社会から愛され、地域福祉の拠点となる社会福祉施設をめざして、事業実施団体と設計者の協働による建築デザイン提案を含む建築関連助成事業を募集する、日本財団が新たにスタートする助成プログラムです。

▼応募期間
2022年9月13日(火) ※17:00まで

▼助成対象
日本国内にて次の法人格を取得している団体:
一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人、社会福祉法人、NPO法人(特定非営利活動法人)、医療法人
※一般財団法人および一般社団法人については非営利型のみ対象とします。
※医療法人については、経過措置型医療法人でないことを条件とします。

▼対象事業
福祉事業*を行う施設や事業所の建築関連事業(新築/改修・増築等/外構工事)
*:社会福祉法に定める第一種社会福祉事業および第二種社会福祉事業を指します。

▼申請条件
事業実施団体と設計者が協働すること。本プロジェクトの趣旨に沿ったものであること。 募集要項の記載内容を遵守すること。

▼助成金額
1事業あたり上限額……5億円、10事業程度を予定

募集要項・申請方法など詳細については「日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」Webサイトをご覧ください。
※本プロジェクトの説明会(ウェビナー)を2022年6月14日、24日に開催。アーカイブ動画はこちらからご覧いただけます。

▼申込み/問合せ
上記Webサイトより申請書類等をダウンロードし、必要事項を記入後専用の応募フォームよりお申し込みください。

日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」 事務局
E-mail:nfp@kenchiku.co.jp(株式会社建報社 内)