保育園・幼稚園での出張型アート鑑賞「みるっこプログラム」12/29(金)までクラファンにチャレンジ中です!~NPO法人赤ちゃんからのアートフレンドシップ協会

NPO法人赤ちゃんからのアートフレンドシップ協会が、今年度も保育園・幼稚園での活動「みるっこプログラム」のクラウドファンディングにチャレンジ中です!
★クラウドファンディングの詳細は、コチラ から 

・・・美術みるっこプログラム・・・

茅ヶ崎市の保育園・幼稚園へスタッフが訪問する鑑賞出張講座です。美術作品に親しみ、自己肯定感を育みながらお友達の意見も尊重しあえる、そんな流れで実施しています。

茅ヶ崎市美術館に所蔵されている作品をパネルにして、園児たちに思ったことをお話してもらいます。
「絵のひみつ」も紹介。作家からお借りした本物の作品も、園児さんたちが間近に観ています。

今年は久々に、当会で制作した「触れる油絵」「触れる岩彩画」を持っていき、園児たちが目で見るだけでなく、触感でイメージを広げることができるようにしています。

茅ヶ崎市と協定を結び、園への通知や著作権関連の許可確認などの面でご協力いただき、2016年から実施して今年で8年目。7ヵ年で 75園 92クラス 園児1,996人が参加。累積51万円を、当会が負担しています。(正会員・賛助会員の会費と事業収益から支出)

現在は、12園13クラスから応募をいただいており、園児257人が参加予定です。園児ひとりに約1,100円の費用がかかる活動なのですが、園からの資金は難しいため、毎年、当会が費用負担し、赤字覚悟で進めております(今年は総額28万円程度の支出予測)。

クラウドファンディングでは、1,000円・3,000円・5,000円・1万円など支援額を選択できるので、物価高のご時世でお願いするのは大変心苦しいのですが… 、今年もたくさんの園児にアートに親しむ機会をお届けしたいと思います。地元茅ヶ崎の皆さま、美術好きな皆さま、子ども好きな皆さまからの応援をお願いいたします!