第39回 全国ボランタリズム推進団体会議(通称:民ボラ)in 東京 開催のお知らせ テーマ「市民の声は社会を変えられるのか?」~主催:ボランタリズム推進団体会議

1983年のスタートから民間のボランティア・市民活動推進団体が一緒になって企画・開催されてきた、全国ボランタリズム推進団体会議(通称:民ボラ)が、今年は「市民の声は社会を変えられるのか?」をテーマに、東京会場およびオンラインで開催されます。

ボランタリズム推進でのいろいろな課題を協議するなかで、ボランティア活動推進団体やNPO支援センターのミッション・運営のあり方を考える場として開催します。理事・監事、ボランティア、事務局員など、民間非営利団体の組織運営にかかわるすべてのみなさまにご注目いただきたいプログラムになっています。

▼開催日時
2022年5月28日(土) 13:00 ~ 17:00
   ~ 5月29日(日) 9:15 ~ 13:15
(30分前より受付・接続開始)

▼開催会場
東京ボランティア・市民活動センター
および ZOOMオンライン
※新型コロナウイルス感染拡大状況によりオンラインのみの開催に変更となる場合があります。

▼参加対象
全国のボランティア・市民活動推進団体の役職員・スタッフ、関心のある方
※社協、自治体職員、NPO、ボランティアグループ、一般市民など、どなたでもご参加いただけます。

▼定 員
120名(うち対面参加60名まで)

▼参加費
4.000円(1日参加も同額)
※参加申込者は期間限定で公開可能な全体会とセッションのアーカイブ視聴ができます。

▼プログラム
1日目【5月28日(土)】
13:00~ 開会・主催者挨拶
13:15~ オープニング全体会
「市民ジャーナリズムは社会を変えられるか? ~SNS時代の市民による発信を考える~」
15:00~ テーマ別セッション①②
①アドボカシー「黙認から発信、そして行動へ」
②子ども・若者が発信する!~想いを社会に届けるためにできることを考える~
2日目【5月29日(日)】
9:15~ テーマ別セッション③④
③市民調査の倫理と実践 ~いい意味で「あざとい」調査とは~
④市民活動の価値観とビジョンを問う〜ごちゃまぜ「市民社会」激論大会〜
11:30~ クロージング全体会
「国際的な市民のつながりを考える~市民社会、分断と暴力の罠にはまらないために~」
13:00~ 閉会・主催者挨拶

開催概要、出演者紹介等の詳細については「第39回 民ボラ in 東京」Webサイトをご覧ください。

▼申込み/問合せ
こちらの 申込みフォーム より受付けます。定員に達した場合締め切ります。

東京ボランティア・市民活動センター (担当:熊谷・高山)
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1
TEL:03-3235-1171 FAX:03-3235-0050