★高校生が知る、学ぶ「ボランティア塾in鶴嶺高校」

11月10日・17日の両日、鶴嶺高校1年生総合学習の時間の講師として、市民活動を実践している団体が日頃の活動や思いなどを語りました。 生徒320名がそれぞれ希望する授業を選択する形をとったため、受講生徒数には差がありましが、創意に富んだ団体の熱意と実践を直に伝える機会になりました。

車椅子のダンスが楽しそう!
里山の自然にたくさんの
生徒が関心をもちました
ソーラークッカーが
見えます
今について、未来に
ついて語り合い

民族衣装を着て
故郷ペルーのお話
茅ヶ崎の歴史が
カルタになって
映像作品を作るには
前準備が・・・
音楽室に流れる
「山田耕筰」の歌

自閉症の子がいたら 路上で生きるとは、
人生とは・・・
初めての筆記通訳に集中! コミュニティ
ビジネスについて


アンパンマンから
精神障がいまで
「あいうえお」を
6つの点で表す
毎年タゲリが
飛来することを願って
先生をまねて手話

10日参加団体
NPO法人湘南市民メディアネットワーク・三翠会・茅ヶ崎里山公園倶楽部・ ちがさき自然エネルギーネットワーク(REN)・茅ヶ崎郷土会・筆記通訳サークル「虹」・ 子育て支援ボランティアグループきらきらぼし・NPO法人車椅子レクダンス普及会「矢車草の会」・ NPO法人湘南ふくしネットワークオンブズマン・茅ヶ崎市国際交流協会・ NPO法人WE21ジャパンちがさき・神奈川県立茅ヶ崎養護学校

17日参加団体
NPO法人湘南市民メディアネットワーク・三翠会・ちがさき自然エネルギーネットワーク(REN)・ NPO法人セカンドブックアーチ・茅ヶ崎地区平塚地区自閉症児・者親の会・茅ヶ崎手話サークル松の会・ 茅ヶ崎市点訳赤十字奉仕団・NPO法人車椅子レクダンス普及会「矢車草の会」・「山田耕筰」と「赤とんぼ」を愛する会・ あすなろ会・神奈川県立茅ヶ崎養護学校