学生対象の人材育成活動への資金助成事業のご案内
公益財団法人電通育英会では、大きく進化する社会に対応できる有用な人材育成を、さらに一歩進めるための事業として、2012年4月よりNPO法人や大学学内組織など非営利団体が行う、学生対象の人材育成を目的とする活動への資金助成事業を実施。

大学生を中心に高校生や大学院生に向けた人材育成に取組んでいるNPO法人や大学学内組織の活動(※)に資金助成を行い、学生の人材育成を側面から支援します。
※キャリア形成支援、インターンシップ、ボランティア活動、学習支援、各種セミナーなど

募集期間: 2017年1月13日(金)まで 必着

助成対象: 
 【大学・学生】 大学内ボラセンなど学内組織、あるいは学生による活動。
          但し、単位取得が可能な成果授業に関連した活動は除く。
          学生の活動は、大学公認あるいは指導教員がいることを前提とする。
 【一 般】 NPO法人などで1年以上の活動実績のある非営利団体。

助成金額: 年額100万円を上限とする

助成件数: 【大学・学生】【一般】それぞれ5件程度、合計10年程度

募集要項や応募方法など詳細については、「電通育英会」Webサイトをご覧ください。

東京ガス環境おうえん基金 助成事業募集のご案内
「東京ガス環境おうえん基金」は、2007年12月にお客さま件数1,000万件達成の記念事業としてスタート。環境問題の解決や持続可能な社会の実現のために、地域に根ざした環境活動を行う団体への助成を行っています。地域に根差した環境保全活動を計画されている民間団体からのご応募をお待ちしています。

応募期間: 2016年12月1日(木) ~ 2017年1月16日(月) ※当日消印有効

助成種類:
【パワーアップ応援】
 2年以上継続して取り組んできた活動をさらに発展・成長させる活動に対し助成
【スタートアップ応援】
 地域に根差した環境活動の立ち上げや、新しい環境教育プログラムづくりを応援
【森活応】(新設)
 森林や藻場の育成、再生、活用により二酸化炭素吸収能力を高める活動に助成

助成金額: 1団体1活動 10万円 ~ 100万円 (総額1,000万円)

募集要項や応募方法など詳細については、「東京ガス環境おうえん基金」Webサイトをご覧ください。

平成29年度 ライフフリー事業助成のご案内
一般社団法人かながわ土地建物保全協会は、県内の各地域において「高齢者」の福祉増進活動や「障がい者」の支援活動に取り組まれている「NPO法人」の皆様の社会貢献の一助となることを願って、活動経費の一部を助成いたします。
皆様のご応募をお待ち申し上げます。

応募期間: 2016年11月14日(月) ~ 2017年1月13日(金)

対象事業: 安否確認などの見守り活動、生活援助活動・保守、修理等の営繕活動、
       居場所活動、生きがい支援活動

助成金額: 対象事業に要する経費の3分の2以内で、年間35万円を限度とする

募集要項・申請方法など詳細については、「ライフフリー助成」Webサイトをご覧ください。

【お問合せ先】
 一般社団法人 かながわ土地建物保全協会
 〒231-8613 横浜市中区日本大通33番地
 電話: 045-201-9964 (事務局:総務部総務課)
 URL: https://www.thk.or.jp/
 

福祉たすけあい基金スタート助成 説明会のご案内
かながわ生き活き市民基金「福祉たすけあい基金」は現在、1年に2回の助成を行っています。その内、年度末に行う今回のスタート助成プログラムはアソシエーション等の立ち上げや、活動自立するまでの最初の期間を応援することを目的に創出しました。
スタート助成は比較的小規模な活動の立ち上げや活動初期等の基盤作りを応援していくために、活動年数は3年未満、事業規模は直近の年間収入300万円未満と制限を持たせています。

第2期福祉たすけあい基金スタート助成の申請受付を12月1日に開始するにあたり、事前説明会を開催いたします。事前に電話にてご予約のうえ、ご参加ください。

第1回 10月26日(水) 13:30~14:30 @ユニコムプラザさがみはら ミーティングRM4
第2回 11月 4日(金)10:00~11:00 @エポックなかはら 第1会議室
第3回 11月11日(金)10:00~11:00 @かながわ県民センター 1502会議室
第4回 11月14日(月)10:00~11:00 @横須賀総合福祉会館 第1研修室

【予約・お問合せ】
(公財)かながわ生き活き市民基金
〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-2-15 パレアナビル6階
電話:045-620-9044  メール:info@lively-citizens-fund.org
詳細については、「かながわ 市民基金」Webサイトをご覧ください。

第12回 TOTO水環境基金 助成団体募集のご案内
TOTOグループは、水まわりを中心とした、豊かで快適な生活文化を創造すること で、社会の発展に貢献する企業を目指しています。
2005年にTOTO水環境基金を設立。過去11回の助成を通じて、助成金による 経済的な支援だけでなく、社員の活動参加や情報交換などを通じて、年々活動の 輪が広がってきています。

今回はTOTO創立100周年記念事業として、内容を充実させています。
◆助成総額を増額(総額10,000万円)
◆複数年助成可(最長3年間)

募集期間: 2016年10月1日(土) ~ 2016年11月15日(火) ※当日消印有効)

募集要項や応募方法など詳細については、「TOTO水環境基金」Webサイトをご覧ください。


スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラムご案内
コミュニティスポーツによる健やかなひとづくりと社会づくりにむけて

公益社団法人 住友生命健康財団では、多様性のある健やかな社会の実現を目指し、コミュニティスポーツを「地域に根ざした市民・NPO・専門家が協力し、スポーツを通じて一人ひとりの心身の健康にかかわる問題や課題を発見・共有・解決していく取り組み」と捉え、その多様な研究や実践を応援してきました。
コミュニティスポーツの更なる発展と展開をめざす“実践的な取り組み”に焦点を絞って助成することにしました。 皆様からのご応募をお待ちしています。

助成対象プロジェクト:
【特定課題】
 心身の障害や長期療養などにより、社会参加に困難を抱える人々を中心としたコミュニティスポーツの実践
【一般課題】
 地域の暮らしの中で、一人ひとりの健康問題の解決につながる先駆的で独創的なコミュニティスポーツの実践
※上記「実践」には、新たなプログラムの開発、既存のプログラムの評価や、プログラムの普及・発展などのために、市民と研究者が協力して取り組む「実践研究」もj含みます。但し、学術目的の研究は含みません。

応募期間: 2016年10月3日(月) ~ 2016年10月17日(月)  当日必着

助成種別:
【第1種助成】
 特定の地域を拠点として、独自のコミュニティスポーツに取り組むもの
【第2種助成】
 複数の地域や組織が連携して、コミュニティスポーツの発展と普及に取り組むもの

助成金額: 総額1,600万円を予定
【第1種助成】 1件あたり50万円以下 (16件程度)
【第2種助成】 1件あたり200万円以下 (4件程度)

募集要項や応募方法など詳細については、「住友生命健康財団」Webサイトをご覧ください。

損保ジャパン「環境保全プロジェクト助成」のご案内
公益財団法人 損保ジャパン日本興亜環境財団では、環境問題に取り組むNPO,NGO等の環境保全プロジェクトがより充実したものとなるよう、毎年資金助成を行っております。
対象となる環境保全活動をしている団体からのご応募お待ちしています。

対象となるプロジェクト:
①地域の環境保全に関する活動部門
 原則として、国内において「自然保護」「環境教育」「リサイクル」等の分野で、実践的活動をおこなうもの
②気候変動問題の普及啓発に関する活動部門
 原則として、気候変動問題(動向や対応等)に関する情報提供や普及啓発(講座・セミナーの開催、出版物の発行等)を行なうもの
 ※2016年度中に開始予定のもの(すでに開始されているプロジェクトも対象)
 ※継続性、発展性を持つプロジェクトであり、その成果が公益のために貢献するもの

助成金額: 20万円/件 (総額300万円を予定)
        ① 10件程度   ② 5件程度

応募期間: 2016年10月31日(月) 当日消印有効

募集要項や応募方法など詳細については、「損保ジャパン日本興亜環境財団」Webサイトをご覧ください。




生命保険協会「元気シニア応援団体に対する助成活動」
当会では平成26年度より、高齢者の健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動に取り組んでいる民間非営利の団体・グループ等に対し資金の助成を実施。
本助成活動を通じて、高齢者の健康寿命の延伸や高齢者が健やかで心豊かに生活できる地域社会の環境整備に寄与したいと考えております。

応募期間: 2016年9月1日(木) ~ 2016年10月31日(月) ※当日消印有効

募集要項や応募方法など詳細については、「元気シニア応援団体に対する助成活動」Webサイトをご覧ください。


かながわボランタリー活動補助金 事業募集のご案内
地域社会の抱える課題解決に自発的に取り組む事業や、社会システムの改革を目指してチャレンジする事業などで、ボランタリー団体等が立ち上げたり、新たに展開する事業を支援することを目的としています。よりよい社会をつくるためにチャレンジする事業の応募をお待ちしてます。

応募期間: 2016年9月1日(木) ~ 2016年10月14日(金) 
        原則持参(9:00~20:30) ※郵送の場合は2016年10月14日必着

募集要項や申請後の流れ等の詳細については、「基金21」Webサイトをご覧ください。




ともにつくる認知症カフェ 開設応援助成のご案内
認知症の人やその家族、認知症のことが気になる人、ボランティア、そして医療やケアの専門職、行政担当者などが気軽に集まりお茶を飲みながら語らい、ひと時を過ごせる場所です。
近隣の認知症の人への理解、参加者の中からの早期発見、さらにはコミュニティーの再生・醸成といった様々な意義・目的があると考えられています。
朝日新聞厚生文化事業団では、各地に多くのカフェが誕生することを願い、新しくカフェを立ち上げる団体、クループを応援します。「認知症カフェ」を全国へ広めるため助成を実施します。

募集期間: 2016年9月1日(木) ~ 2016年10月7日(金) ※必着

助成金額: 最大100万円/件  総額2,000万円

助成対象:2017年2月~4月の間に開設する認知症カフェに
      開設のための初期費用と、3年間の運営費として

募集要項や応募方法など詳細については、「認知症カフェ 開設応援助成」Webサイトをご覧ください。

カテゴリー一覧
お知らせ記事一覧(年月別)
新しい記事一覧